中京区「六角堂」

京都駅近くの旅館「なごみ宿都和」です。
本日はクリーンスタッフの梅岡が京都駅から行ける近くの観光地をご紹介致します。
 
京都駅から地下鉄に乗っていただき、「烏丸御池」下車。そこから徒歩3分で到着いたしますのは聖徳太子によって創建されました「紫雲山 頂法寺(しうんざん ちょうほうじ)」、通称「六角堂(ろっかくどう)」です。
 
六角堂は本堂が六角形をしていることから、そう呼ばれております。
如意輪観音像を念持仏としていた聖徳太子は、587年に四天王寺建立の材木を求め京都盆地を訪れた際、太子が池で身を清めるにあたり念持仏を木に掛けたところ動かなくなり、この地にとどまり人々を救いたいと太子に告げたため、六角形の御堂を建て安置したと言われているそうです。
また、華道、池坊の発祥の地としても知られております。
 
六角堂に着き、まず目に入りますのは、本堂正面にございます縁結びの柳「六角柳」です。その昔、この柳の下で嵯峨天皇が妃と出会い結ばれたことから「六角堂の柳に願をかけると良縁に恵まれる」という噂が広がり、現在では、この柳の枝2本におみくじを結びつけてお願いすると良縁に恵まれると言われております。


  
次にご紹介致しますのは「へそ石」です。「へそ石」とは本堂前にある、中心に丸く穴のあいた六角形の石です。これは、六角堂は下京の町衆の寄合の場であり場所も京都のほぼ中央にあたることから、その名が付いたとのことです。

 
 
そして、ひと際目を引くのが「合掌地蔵」です。このお地蔵さまは、お参りに来られた方の願いの手のひらにやさしく包み込んで、その願いか叶えられるようにと、皆さんと一緒にお祈りしていらっしゃるお姿をされているとのこと。

 
 
六角堂を奥に進みますと、聖徳太子が身を清めたという池があり、白鳥が優雅に泳いでいました。
 
 
六角堂から200メートルほど行きますと京の台所「錦市場」もございますので、ぜひ訪れてみてください。


 京都駅近くでご宿泊・お食事のご利用をお探しの方「なごみ宿 都和」はいかがでしょうか。

当館自慢の和食を個室(お部屋食)にてご提供いたします。

都和では、お弁当のテイクアウトも承っております。

また、駐車場2台分スペースがございます。

こちらは要予約でございますのでご連絡くださいませ。

お気軽にお問合せください♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お食事ご利用の方
ランチ 11:00~15:00
ディナー17:00~21:00

テイクアウトピックアップ時間 
9:00~18:00

ご宿泊のネット予約はこちらから

お食事のネット予約はこちらから

〒600-8222
京都市下京区東中筋通七条上がる文覚町395 
お電話:075-371-5421
メールアドレス:nagomiyadotowa@towa-ryokan.jp

公式website

都和菓子工房

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆